本文へ移動

知っておきたい経営上の知識……

賃貸住宅建設の目的

 従来より一番スタンダードな目的は相続税対策、その次に固定資産税対策・都市計画税対策・土地活用です。近年金儲け目的が前面に出され建築ラッシュが続いている投資目的賃貸住宅はどちらかと言うとあまりスタンダードとは言えず昔はそんなに多くはありませんでした。

賃貸住宅の時代背景

 もともとは地主さんが所有地の有効利用として多かった借家住まいの人のためやっていたのが賃貸住宅経営のルーツです。それが今は賃貸住宅建設がアパート・マンション業者のビジネスモデルと化し主客転倒となり土地・地主さんが利用されているのが主流になってしまいました。

変わる賃貸住宅市場

 人口減少が始まっているのにもかかわらず住宅建設の勢いが止まらず空家が拡大し社会問題にもなっています。賃貸住宅で際立って余ってきているのは都会の投資型1K賃貸マンションと全域的に低層アパート(ファミリータイプ)です。反面不足気味なのがRC造ファミリー賃貸マンションです。

投資型賃貸住宅・中古物件の購入について

 投資型賃貸住宅(特に1Kマンション)が都会で異常にだぶついてきています。場所によっては新築でも埋まらなくなってきています。もはや投資に非ず“凍死”ではないかと思えるほどです。また購入してから大変なことになるのも知らず中古物件の購入も盛んですがこの先泣きを見る人が多く出そうです。

誰でも何とかなる時代は終わった賃貸住宅経営

 今ほど供給過剰でなかった昔はごく普通に所有地に賃貸住宅を建てても誰でもある程度はうまくいった時代でした。ところがアパート・マンション量産業者の大量供給や投資型賃貸住宅の乱造で賃貸市場は相当だぶついてきています。もうこうなるとうまく行くのは一部の人に限られてきました。

  since1981
    昭和56年創業

 

有限会社久里屋設計

〒465-0005

名古屋市名東区香流1丁目1012
サンローヤル名東ビル1階
TEL  052-773-4670(代表)
FAX  052-773-4684
----------------------------------
賃貸住宅計画コンサルタント
賃貸マンション設計監理
賃貸住宅設計監理
マンション・アパート計画
賃貸住宅再生コンサルタント
建築設計&施工監理
土地活用コンサルタント
建築資金借入れサポート
----------------------------------
TOPへ戻る