入居率安定物件をめざした
賃貸住宅づくりのお手伝い
 
賃貸住宅をつくっても入居者がいなければ意味がありません
入居率安定の賃貸マンションづくりのお役に立ちます!!!
数々の人気物件をつくってきた
経験・ノウハウを活かします
豊富な実績に基づく経験・ノウハウを活用し
供給過剰時代に生き残れる提案をします

ブログ−2017年

ブログ

賃貸住宅見晴台 プアーな造りの投資型賃貸住宅

2017-08-30
 ここ4~5年ブームが続いている投資型1K/狭小1LDKマンションの造りにとんでもないことが横行しています。バルコニー側の居室に付く柱の位置の話です。通常は屋外(つまりバルコニー側)に柱があるのですが、なんと居室側に柱型・梁型が堂々と飛び出しています(以前よりハウスメーカー・マンション建設会社主導で作られる物件は内柱のものが多いのが現実)。居室側にいるとこれら出っ張りに強い圧迫感を覚え気持ちを不快にします。またコーナー部に家具を置きたくても柱が邪魔をして置けません。
 何故こんなことが横行しているのか?投資型賃貸住宅の目的が投資家のあくなき金儲けとこれを販売する事業者の貪欲な金儲けにあるからです。居住性をないがしろにしてでもよいからもっと儲けようと言う思いが見え隠れしています。折りしもアベノミクス政策の影響で建築工事費が高騰しています…多分あらゆる手立てを講じてコストカットに邁進しているのでしょう。目に見えてはっきり分かるこんなことですら堂々とやっているのだからきっと目に見えないところではもっとやっていると思います。
 新聞折込みに分譲マンションのチラシがよく入ってきますが、バルコニー側の柱は必ず屋外のバルコニー側にあります。この柱が部屋内にあるものは今までおよそ見たことがありません。柱・梁を部屋内に作れば相当な圧迫感をもたらしその住戸が売れなくなること請け合いだからです。そんな愚かなことをマンションディベロッパーがする筈もありません。分譲マンションなら許されないが賃貸マンションならいいだろう…賃貸マンションに住む人々を舐めているのか!とつい言いたくなってしまいます。
 どうやら賃貸住宅投資ブームも一瞬儲かったような思いにさせられましたがもくろみとは裏腹に不良賃貸住宅供給過剰と言う惨憺たる結果で終わりそうです。建築工事費高騰の煽りで従来の地主さんが作ってきた住み心地重視のノーマル・スタンダードな優良賃貸住宅がこの4~5年殆ど作られていません。その間賃貸住宅が投資家達のマネーゲームの餌食にされ続けてきました。そろそろ良識ある地主さん達によるノーマル・スタンダードな物件でアブノーマル投資物件を押し返さなくてはなりません。

  since1981
    昭和56年創業

 

有限会社久里屋設計

〒465-0005

名古屋市名東区香流1丁目1012
サンローヤル名東ビル1階
TEL  052-773-4670(代表)
FAX  052-773-4684
----------------------------------
賃貸住宅計画コンサルタント
賃貸マンション設計監理
賃貸住宅設計監理
マンション・アパート計画
賃貸住宅再生コンサルタント
建築設計&施工監理
土地活用コンサルタント
建築資金借入れサポート
----------------------------------