入居率安定物件をめざした
賃貸住宅づくりのお手伝い
 
賃貸住宅をつくっても入居者がいなければ意味がありません
入居率安定の賃貸マンションづくりのお役に立ちます!!!
数々の人気物件をつくってきた
経験・ノウハウを活かします
豊富な実績に基づく経験・ノウハウを活用し
供給過剰時代に生き残れる提案をします

現在建築中

Le Monde (ル モンド)…東区葵三丁目地内       

 

Le Monde (ル モンド)                        2018年7月中旬頃完成予定

2017-09-15
西北方向から見る
西南方向から見る
 東区葵三丁目地内に建設中の店舗併用賃貸マンションです。構造は鉄筋コンクリートラーメン構造で1階店舗、2階オーナーハウス、3階~7階が賃貸住宅部分になっています。住戸タイプは43.2㎡の1LDK(東西反転の間取り)で総賃貸戸数は10戸となっています。住戸内仕様/設備としては対面キッチン(システムキッチン)・ウォークインクローゼット・玄関クローク・エアコン・ユニットバス1317型・浴室乾燥暖房機・ウオッシュレット便器・インターネット対応など、共用部分設備としてはオートロック・宅配BOX・駐輪場・防犯カメラなどとなっています。今日都市部では人口減少(若年労働者減少)にもかかわらず、政策による投資ブームにあおられた投資型物件(主に1K)が異常供給過剰でだぶつき満室入居がままならなくなっており家賃下落の波も拡がっています。投資型物件は儲かるように見せかけるために相場を逸脱した(常識はずれの)高い家賃設定ですから下落の大きさはなおさらのことです。この建物はそれらの投資型物件とは一線を画す間取りとなっています。立地は桜通りから南へ一本入っていますが地下鉄桜通線車道駅4番出入口まで徒歩1分(エレベーター乗場まで40秒)、地下鉄東山線1番出入口まで徒歩5分と極めて便利なところです。場所は大塚屋のすぐ東、愛知大学車道キャンパスから桜通りを隔てた斜め南、メルパルク名古屋から少し北にあります。住商混在の地域ですので交通至便なだけではなく日常生活の上でもたいへん便利なところです。住戸バルコニーは南向きでかつ南方に高層の建物がなく陽当たりが抜群です。用途地域の制限で将来に渡って高層の建物が建てられる可能性もなく都心の商業地域では珍しく陽当たりに全く心配のない住戸となっています。完成予定は2018年7月中旬頃です。

杭打ち工事(現場打ち杭)施工中

2017-09-30
直径1.3mの杭穴を掘削中
穿孔した杭穴に鉄筋のかごを入れ生コン注入
 杭打ち工事施工中です。建設地は地下鉄車道駅すぐ横にありますので地下鉄トンネル・駅への建物荷重による土圧の影響を心配しなくてはなりません。名古屋市との事前打ち合わせにより当該地は地下鉄構築物への影響については問題ありませんと言うことでした。今回は現場打ちの杭(直径1m・1.3mの2種類)とし設計しました。柱直下に杭一本打ち杭深さはGL-11.7mまでのもので砂礫層で止めています。都心の狭い敷地に建物を目いっぱい建てる場合に規制杭を採用すると基礎下の偏芯が大きくなり基礎が過大な大きさになります。そのため今回のような現場打ちの杭を採用することが比較的多いです。

基礎・地中梁工事…鉄筋配筋・コンクリート打ち

2017-11-06
基礎・地中梁の配筋施工中
基礎・地中梁の生コン打ち施工中
 基礎・地中梁の配筋をしています。地中部分の構造ですので地上部の構造体全部の荷重がかかりますから地上部の柱・梁の断面形状と比べかなり大きなものになります。基礎内部に現場打ちの杭がしっかり固定するように杭頭部から延びている杭主筋(異形鉄筋25mm/20本)を杭頭補強筋としてしっかり入れます。配筋検査をした後に型枠を組みます。この時地中部分なので特にかぶり厚さはきっちり取っておかなくてはなりません。これを確認した後にスランプ/空気量/塩分試験を行い生コンを打ちます。

屋根スラブ・屋根梁工事…鉄筋配筋・コンクリート打ち

2018-04-05
コンクリート打設前のR屋根スラブ配筋
7階共用廊下・避難階段部分の屋根配筋
 最上階の屋根の配筋の様子です。本日が躯体コンクリート打ち最終の日です。明日が雨の天気予報だったので予定より一日早めてコンクリートを打ちました。屋根を勾配を付けたスラブにすると万が一屋根防水に支障が起きても躯体に浸透する前に勾配により雨水は軒先へ落下します。結果長期間にわたって雨漏りの心配をしなくてもよくなります。現実に当社勾配屋根の実績建築では雨漏りの話がありません。勾配屋根は切妻・寄棟など色々な形がありますが今回はR形状のかまぼこ屋根にしました。

外装・内装工事中、完成へ向け工事続行中

2018-05-29
 今工事中の現場の全景です。完成は今年7月中旬の予定でしたがやや遅れ7月末に完成引き渡しの予定で工事は進んでいます。現在はコンクリート躯体は既に打ち終わっていますので外装・内装・設備工事が進められています。都会では不動産投資により前代未聞の1Kマンション異常過剰供給となり、周りを見渡すと投資型不動産物件(主に1K)だらけになっています。この建物は今建てられるのが珍しい43.2㎡のほんとうの1LDKです。33~35㎡の似非1LDKは都心に一杯ありますがほんとうの1LDKはあまりありません。この辺りでは今の時代では希少物件と言える新築物件かもしれません。

(仮称)浜マンション                        港区浜一丁目地内

 

(仮称)浜マンション                         2019年1月下旬頃完成予定

2018-07-17
         北東方向から見る
         南東方向から見る
 港区浜一丁目地内に建設中の単身者向け賃貸マンションです。構造は鉄筋コンクリート壁式構造4階建で1階にエントランスホール・自転車置き場(12台分)があり南側住戸が2戸のみあります。2階~4階に3戸/1フロアの住戸があり合計11戸の住戸があります。住戸タイプは北側28.52㎡の1DK(建具解放で1Rとしても使える)が3戸と南側26.35㎡の1Kが8戸となっています。北側住戸と言っても南住戸より専有面積が大きく、居室の間口も広く窓面積も大きいので室内がゆったりとしています。また北側道路が大通りなので窓から見える景色は開放的で広々としていて室内空間も広く感じられます…かなり明るい室内となっていますので南側住戸に遜色なく快適に住めそうです。陽当たりのよい南側住戸はもちろんきちんとしたつくりですが北側住戸も南側住戸にない魅力を備えており意外に住み易いと思います。また屋外駐車場が北道路側に2台用意されています。住戸内仕様/設備としては1500mmキッチン(二口ガスコンロ付きシステムキッチン)・クローゼット・エアコン・ユニットバス1216型・浴室乾燥暖房機(北側住戸のみ)・ウオッシュレット便器・インターネット対応など、共用部分設備としてはオートロック・宅配BOX・屋内駐輪場などとなっています。立地は市道金城埠頭線通りに面していて地下鉄名港線築地口駅3番出入口まで徒歩2分と交通の便のよいところです。築地口駅から南700mに名古屋港駅北へ700mに港区役所駅があります。名古屋港・水族館・ガーデンふ頭臨港緑園などが近くにあり海が好きな人にとっては魅力ある街です。1.3kmくらい北にショッピングセンターアピタ、1.8kmくらい西にショッピングセンタージャスコ、1.8kmくらい東に複数のスーパーマーケットなどがあり日常の買い物には不自由しません。また今年の9月28日には港区役所西に大型ショッピングセンター“ららぽーと名古屋みなとアクルス”がオープンし一段と便利になります。ららぽーとは三井不動産商業マネジメントが全国展開している商業施設で愛知県内初のお目見えです。飲食店・スーパーマーケット・物販店・大型書店“蔦屋書店“などたくさんの店舗が入る予定です。当マンションの完成予定は2019年1月下旬頃です。

  since1981
    昭和56年創業

 

有限会社久里屋設計

〒465-0005

名古屋市名東区香流1丁目1012
サンローヤル名東ビル1階
TEL  052-773-4670(代表)
FAX  052-773-4684
----------------------------------
賃貸住宅計画コンサルタント
賃貸マンション設計監理
賃貸住宅設計監理
マンション・アパート計画
賃貸住宅再生コンサルタント
建築設計&施工監理
土地活用コンサルタント
建築資金借入れサポート
----------------------------------