入居率安定物件をめざした
賃貸住宅づくりのお手伝い
 
賃貸住宅をつくっても入居者がいなければ意味がありません
入居率安定の賃貸マンションづくりのお役に立ちます!!!
数々の人気物件をつくってきた
経験・ノウハウを活かします
豊富な実績に基づく経験・ノウハウを活用し
供給過剰時代に生き残れる提案をします

賃貸住宅計画進め方

STEP1…居住ニーズがあるエリアで賃貸住宅に恰好な土地を建設地として絞り込む

 どこで賃貸建築をつくるのかは最重要ポイント…所有地があるからと言ってそこで強引につくってはいけません。やはり居住ニーズがある場所でなくては話になりません。またニーズのある地域でも敷地条件(土地字形・広さ・高低差・支持地盤の状態・建築規制条件・交通の便・陽当たり・隣地環境等)が悪ければやってはいけません。これらの条件は建築工事費・入居率にかなりの影響を与えてしまいますのでより慎重な検討をしてください。その上で賃貸建築に恰好の相応しい敷地を選んでください。

STEP2…居住ニーズの内容を現在だけでなく将来に渡ってもしっかりと検証する

 居住ニーズがあることが確認できてもすぐに結論を出してはいけません。現時点でニーズがあると確認できたとしても、例えばそのニーズが広汎なものではなく学校・工業団地・大規模工場など特定のニーズによるものだとしたら、将来的にその特定なニーズが移転・消滅する可能性がないかどうかを事前にしっかり検証しておく必要があります。実際にこのケースに該当し移転・消滅などが起きてしまいお先真っ暗になってしまった賃貸建築があります。そこまで見越して建設地を選ぶ必要があります。

STEP3…マーケティングした上で間取り・広さ・収納・設備・駐車場等を検討する

 建設地が決まったらどんな賃貸建築にすればよいのかを考えましょう。これもどんなものを市場(入居希望者)が求めているのかを見極める必要があります。市場が求めていないものをつくっても入居者は入りません。ファミリー向けニーズなのか?新婚ニーズなのか?単身者向けニーズ(高齢者も含むか)なのか?それらの複合ニーズなのか?事前に調査してください。また対象ニーズを絞るだけではなく間取り・広さ・設備・駐車場・収納の嗜好も地域により異なりますので注意してリサーチしてください。

STEP4…賃貸建築に精通していて実績のある経験豊富な建築設計事務所を捜し出す

 どんな事業でも言えますが事業を始めるにはまず事業計画をつくらねばなりません。賃貸建築を建てて家賃収入で収益を上げる事業ですから収益性の高くなるようなより安全な事業計画を立てることが必要不可欠です。最適な依頼先は工事・管理で利益を上げる必要がまったくない専業の建築設計事務所だと言えます。また建築設計事務所もピンキリなのでどこでもよいという訳ではありません。賃貸建築に精通していてこれまでにこの分野に実績があって経験豊富なところへ頼むのが心強いと言えます。

STEP5…マーケティングに従い建築設計事務所に的を得た企画・設計をしてもらう

 依頼先にふさわしい建築設計事務所を見つけたら賃貸建築事業の企画を頼みましょう。当然のことながら、この企画をしっかりとつくるためには建築計画だけではなく賃貸建築の知識・経験がかなり必要になってきます…企画に必要となってくる事業収支計画書くらいは自前でつくれるところへ頼んでください。そして企画がしっかりできたら今度はそれに基づき建物・設備・外構の設計をしてもらいましょう。設計は企画の主旨にしたがって入居者に気に入ってもらえる確実な設計をしてもらいましょう。

  since1981
    昭和56年創業

 

有限会社久里屋設計

〒465-0005

名古屋市名東区香流1丁目1012
サンローヤル名東ビル1階
TEL  052-773-4670(代表)
FAX  052-773-4684
----------------------------------
賃貸住宅計画コンサルタント
賃貸マンション設計監理
賃貸住宅設計監理
マンション・アパート計画
賃貸住宅再生コンサルタント
建築設計&施工監理
土地活用コンサルタント
建築資金借入れサポート
----------------------------------